Go to Forest2022!~多摩川源流の森で森林浴、そしてテントサウナでトトノウ〜

5月4日の「みどりの日」にあわせて全国で開催される「Go to Forest! 」に、第一部は小菅村の松姫峠の森での森林浴と第2分のテントサウナ体験を開催しました。

森林浴は、五感をつかってたっぷりと森を浴びることなので、「何かをしなくてはいけない」「木の名前を教える」のではなく、ただただ「五感を使いリラックスして森を楽しむ」ことなのです。

当日は、天候にも恵まれ最高の森歩きびより。標高1250mの松姫峠では早春の森らしい芽を吹いたばかりのミズナラの木やカラマツ、カエデの葉を目で楽しみ、若葉の手触りを感じる体験など五感を意識しながら森をゆっくりと歩きました。

予定していたルートの中には、天寿を全うした倒れた老木や風で倒れた木が沢山あり、参加していた小学生が「木登り」にハマっている時期らしく、そんな倒木や斜めの登りやすい木を見つけるとすぐに登っていました。子どもにとって森の中はどこでもなんでも遊びに変えてしまう天才ですね。

今回は予定してたプログラムを実施するより、子ども目線で発見した森の不思議や面白さを参加者の皆さんと一緒に楽しむことに切り替え、天然のシイタケをみつけたり、木の洞穴をみつけたり、大人では見落としがちな森の楽しさを発見してくれていました。

第2部は会場を源流大学校庭に開催場所を移し、テントサウナ体験

山梨県では県内の自然や水を活かしたアウトドアサウナを観光のコンテンツとして盛り上げていこうと「やまなし自然サウナととのプロジェクト」が発足しています

小菅村でも2017年からテントサウナの取組みを実施しており、このプロジェクトを応援しています!

「テントサウナ」を聞いたことがあるけど、体験したことがない村民の方々のために、今回は体験会として開催しました。

源流大学でもテントサウナを活用して「小菅村の木材・薪を活用し、人も森もトトノウプロジェクト」として、今後も活動を拡げていきたいと思います。

◆Go to Forest!について◆

『2022年5月4日みどりの日 Go to Forest!〜全国の森で一緒に歩こう〜』とは
5月4日はみどりの日に全国の森で活動する方々と一緒に、森に親しむイベントを開催する企画です。

みどりの日は、「自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを祝う国民の祝日です。国土の約7割が森林のこの国では、身近に森と触れ合うことができます。長く続くwithコロナの生活の中、緑の癒やしを必要としている方々に広く届けられるよう、少人数の集まりを全国31地域374名の参加者を集め開催されました。

また今年は5月4日Gotoforest!開催に先立ち、各地で森のゴミ拾い(クリーンフォレスト)を行うことで、いつも楽しませていただいている森に感謝を込めて恩返しを行う企画も同時開催しました。
詳細はこちら:https://www.fwithf.org/go-to-forest/

第2部は源流大学校庭にて、テントサウナ体験。

昨年より地域の薪を使うことで林業を盛り上げ、その薪でテントサウナを体験し人も楽しむ「森も人もトトノウ」をテーマに活動してきました。

テントサウナを未経験な村民や知人友人限定で開催しましたが、今後は一般公開でも開催を検討していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人