月井 芳文(つきい よしふみ)

大学卒業後は東京農業大学の農場で働き、その後JICA(国際協力機構)の農業開発専門家として多くの海外活動経験を持つ。
小菅村には地域おこし協力隊として移住し農業を始める。
協力隊卒業後も専業農家として野菜類やマイタケの栽培、烏骨鶏の飼育等を行う。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人