【水源の森再生プロジェクト】番外編#2~竹炭づくり、資材準備編~

今回は「水源の森再生プロジェクト番外編2回目」として、竹炭づくりと10月に行う水源の森再生に使う資材づくりを行います。

小菅村のいたるところに竹林がありますが、人の手が入らなくなった竹林や耕作放棄地が竹藪化している土地も多く、竹林の整備は充分に行き届いていないのが現状です。

荒れた竹藪を、土地を育てる竹林として整備もできますし、多種混交の森に戻すこともできます。
いずれにしても適切な手の入れかたがあります。

今回は、竹林整備で生じた竹材や枯れた竹などを、竹炭に加工したり杭などに加工します。
製作した、材料は10月以降に開催される「水源の森プロジェクト」で利用していく予定となっております。

→10月開講の講座ページはこちら(9月中旬公開予定)

◆開催概要◆

▼開催日時
2021年9月19日(日) 9:00~15:00

▼場所
山梨県北都留郡小菅村

▼持ち物
・腰道具(ノコギリ・剪定バサミ・ナタ)※お持ちでない方は貸出可能(数量限定となります)
・飲料水など
・昼食

▼参加費用
3,000円

▼定員

20名限定
▼申込み期限
2021年9月14日(火)15:00

◆開催当日の流れ◆

▼集合時間:9月19日(日) 午前9時00分(※8時30分より受付開始)

▼集合場所:小菅村内、詳細未定(申し込み後に参加者にメールでご連絡いたします。)

▼スケジュール(予定)
  9:00 参加者集合、作業開始
 12:00 昼食
 13:00 午後の作業開始
 15:00 終了予定

◆講師◆

〇山崎 尊史(やまざき たかふみ)
竹を使った巨大アート作品製作のサポートや、そこで出会った竹民具の名人に惹かれ、竹の活用法と竹林の整備に興味を持つ。
2020年から高田造園設計事務所サポートスタッフとして、環境改善や造園など、さまざまな現場で経験を積み、自然の力を暮らしに生かす術や、道具づくり、修繕などの楽しさを伝えていく事を目指し活動している。

(水源の森再生プロジェクトで指導中の山崎氏)

—————————————–
〈 協 力 〉
小菅村役場
NPO法人地球守
株式会社高田造園設計事務所
—————————————–

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人